HiGash.Net ホームページへ戻る

Home [Blog] » Photoshopでクール(?)なロゴデザインに挑戦

Photoshopでクール(?)なロゴデザインに挑戦

Photoshopでクール(?)なロゴデザインに挑戦

HiGash.Net最初のエントリーは当サイトのロゴの作り方をPhotoshop(Photoshop CS)のチュートリアル形式でご紹介したいと思います。

デザインコンセプトは一応クールでスタイリッシュに・・・。とはいえ、木材や紙などテクスチャを多く用いている当サイト内では、ロゴがあまりにシンプルすぎると濃いテクスチャの印象に負けてしまう恐れがあります。濃いめのデザインのなかでも存在感のあるクール(?)なロゴになるよう、イチョウ(だと思います)の葉をアイキャッチにしてみました。

Step 1

まず、タイポグラフィについてIllustrator上で検討します。既存フォントを アウトライン化 した後、文字の太さや字間など細部を調整してロゴの文字部分を作成していきます。

Step 1

Step 2

続いてPhotoshopを開きます。メニューの 「ファイル」「新規…」 で縦横400pixelのカンバスを作成し、背景を 塗りつぶしツール#332D2B に塗りつぶします。さらにStep 1にてIllustratorで作成した文字をコピーして、カンバスにパスとしてペーストします。

Step 2

Step 3

まずは「HiGash.Net」の「HiGash」の部分から作り込んでいきます。 新規レイヤー(レイヤー1) を作成した後、「HiGash」の部分のパスを選択して 右クリック「選択範囲を作成…」 し、 塗りつぶしツール#E3E5EB に塗りつぶします。

Step 3

Step 4

選択範囲を解除せずに続けて 新規レイヤー(レイヤー2) を作成し、今度は グラデーションツール を下図のように設定してグラデーションをかけます。グラデーションがかかったら、このレイヤーの 不透明度75% にします。

Step 4

Step 5

さらに選択範囲を解除せずに3つめの 新規レイヤー(レイヤー3) を作成し、選択範囲を #FFFFFF(白) で塗りつぶします。塗りつぶし終わったら、メニューから 「選択範囲」「選択範囲を変更」「縮小…」 を選び、 縮小量1pixel に設定します。次に 「delete」 キーを押して選択範囲内の白を消去(その際、ターゲットのパスは非表示に)し、このレイヤーの 不透明度50% にします。これで「HiGash」部分の文字本体のエフェクトは完成ですので、Step 3から5で作った3つのレイヤーを レイヤーパレット 上で リンク して 「リンクからの新規レイヤーセット」 (HiGash)を作成しておきます。

Step 5

Step 6

続いて「.Net」の部分ですが、基本的にはStep 3から5までと同じです。まずはStep 3と同様に 新規レイヤー(レイヤー4) を作成してから「.Net」の部分を選択して #A0C832 で塗りつぶします。次にStep 4と同様、選択範囲を解除しないで 新規レイヤー(レイヤー5) を作り、下図の設定でグラデーションをかけた後、 不透明度75% にします。Step 5同様、 新規レイヤー(レイヤー6) を作成して #96F500 で塗りつぶし、縮小した選択範囲内を消去してから 不透明度75% に設定します。Step 6で作成した3つのレイヤーは「.Net」という名前のレイヤーセットにまとめておきます。

Step 6

Step 7

次は文字に影を付けていきます。ここでStep 6までで作った文字本体のレイヤーセット「HiGash」と「.Net」は一旦非表示にしておきます。背景レイヤーを選択して、 新規レイヤー(レイヤー7) を作成します。「HiGash.Net」のパスをすべて選択して選択範囲を作成し、 #000000(黒) で塗りつぶします。塗りつぶした後、選択範囲を解除して レイヤー7を複製(レイヤー7のコピー) します。

Step 7

Step 8

レイヤー7を選択してメニューの 「フィルタ」「ぼかし」「移動」 を選び、下図のように詳細を設定します。フィルタをかけたら、 移動ツール を選び 「↓」 キーを8回ほど連打し、影を下へずらします。レイヤーの 不透明度40% にしておきます。

Step 8

Step 9

レイヤー7 のコピーを選択し、Step 8同様に 「ぼかし(移動)」 フィルタをかけますが、このとき下図のようにぼかしの量を増やします。この影も移動ツールで 「↓」キー 8回分ぐらい下にずらします。レイヤーの 不透明度20% にします。非表示にしていた文字のレイヤーセット2つを表示すれば、文字部分は完成です。

Step 9

Step 10

Step 9までで完成した文字にイチョウの葉をあしらっていきます。葉のイメージは無料で利用できるライセンスフリーの写真素材を多数掲載している stock.xchng で探しました。 Dry Leaf Pressed と題された写真がとてもきれいで、文字との組み合わせもよさそうなのでダウンロードして使わせてもらうことにしました。

Step 10

Step 11

まず葉を切り抜きます。写真が完全に黒バックなので 自動選択ツール で黒い部分をクリックして選択範囲を作ってから、メニューの 「選択範囲」「選択範囲を反転」 で簡単に切り抜くことができます。できあがった選択範囲をコピーして、Step 9で完成したカンバスに ペースト(レイヤー8) します。写真はかなり高解像度なので、ペーストした後11%ぐらいまで縮小して角度などを整えます。

Step 11

Step 12

茎の部分が少し気持ち悪い曲がり方をしているので、この部分を整えることにします。なげなわツールで茎を適当に選択して カット&ペースト(レイヤー9) して位置を整えて、分かれたレイヤーは元通りに結合しておきます。

Step 12

Step 13

次に色を整えます。レイヤースタイルで下図のような設定を施します。さらに、色を鮮やかにするために 「レイヤー」 メニューの 「新規調整レイヤー」「色相・彩度…」 で下図のように設定して色を調整していきます。

Step 13

Step 14

最後に葉に影を付けます。葉(レイヤー8と新規調整レイヤー)と背景レイヤー以外のレイヤーを非表示にして、 自動選択ツール で背景部分をクリックします。できあがった選択範囲を反転して葉の形の選択範囲を作ります。そのままレイヤー8の下に 新規レイヤー(レイヤー9) を作成し、選択範囲を #000000(黒) で塗りつぶします。塗りつぶし終わったら、選択範囲を解除して レイヤー9を複製(レイヤー9のコピー) します。

Step 14

Step 15

レイヤー9を選択して下図の設定で ぼかし(移動) フィルタをかけます。フィルタをかけた後、 「↓」 キーを20回程度押して影を下にずらし、レイヤーの 不透明度30% にします。同様にレイヤー9 のコピーにも下図の設定で ぼかし(移動) フィルタをかけた後、 「↓」 キーを10回程度押して影を下にずらします。レイヤー9 のコピーは 不透明度50% に設定します。

Step 15

以上で、HiGash.Netロゴの完成です! 完成したロゴのサンプルファイル(PSDファイル)は下にある「ダウンロード」ボタンをクリックすればダウンロードできます。

HiGash.Net

Download

PSDダウンロード(Zip圧縮・372KB)

なお、Step 3から9までのテキストエフェクトについては PSDTUTS のチュートリアル Using Light & Shade to Bring Text to Life を参考に制作しています。PSDTUTSさんにはいつもお世話になってます!

Share & Bookmark
このエントリをFacebookでシェアする
このエントリをTwitterでつぶやく
このエントリをはてなブックマークに追加
Delicious
livedoorクリップ
Yahoo!ブックマーク
Buzzurl

コメント/トラックバック

このページへのコメント/トラックバックはありません・・・。

ぜひこのエントリーに対するコメントをお聞かせください。

以下のURLでトラックバックも受付けています。

http://higash.net/20080516/logo_design.html/trackback/

Preview

トラックバック
http://higash.net/20080516/logo_design.html/trackback/

Page Top